毛深い悩み.com TOP → 体毛の特徴 ラッコ

ラッコ

ラッコは実のところ最も毛深い動物と言われており、約八億本もの体毛が全身に生えています。体毛間の空気が断熱層となり防寒の役目を果たします。ちなみに人間の体毛は、約五百万本程度であるようです。大まかな計算とはいえ、ラッコは人間の160倍もの体毛を持っているということになります。そう考えるとラッコは、意外なところでとんでもない数字を持っていると思えますね。

ラッコの毛は根元の部分、いわゆるアンダーファーは大量な縮れ毛のようなふわふわとした毛が生えていて、これによって皮膚などを守るものとされています。アンダーファーがびっしりと敷き詰められているため、地肌が見えることはほとんどありません。ラッコにはほとんど皮下脂肪が無いためか、こうして毛によって身体を守っているというのが、一般的な見方です。

更にラッコの毛は、人間の目でも目視できる部分に、ガードヘアーという一本の長く太い毛が生えています。これは人間で言うところの硬毛にも似ており、非常に強靭な毛であるといえます。アンダーファーとガードヘアーを大量に敷き詰めることによって、ラッコは自然の中でも己の身を守ることが出来るということです。人間でも体毛は皮膚を守るためにあると言われていることもありますが、ラッコではその需要が非常に強いようです。

ラッコの可愛らしさを示すようなフワフワかつツルツルの毛とは裏腹に、彼らにとっての体毛というのは、生きるために重要なものであると言えるでしょう。


ランタス インスリン
ランタスのインスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!