毛深い悩み.com TOP → 体毛の処理 正しい毛の剃り方

正しい毛の剃り方

正しい毛の剃り方としては、肌に付着した老廃物や脂肪を落とすため、まずはぬるま湯などで対象部位を綺麗に洗い、それからシェービング剤を塗布していきます。そして剃り終わった後は、シェービング剤などの汚れを落とすためにしっかり顔を洗いましょう。この時、最後の洗顔を適当に済ますなどしてしまうと、シェーピング剤や剃ったヒゲが付着し、思わぬ肌トラブルを呼び寄せてしまうことがあります。

良く見られるケースなのですが、ヒゲの根元まで剃ろうとするあまり、思い切りカミソリを深く入れようとする方がいらっしゃいます。しかしながら、これは肌を傷つけることになりかねません。髭剃りの基本は、優しく撫でるように剃る感覚が最も正しいのです。深い部分(根元など)を剃る場合なら、空いている手で皮膚を引っ張って表面に出してから剃るべきです。電動剃刀を使うにしても、剃り残しを防ぐためとはいえ、過剰に皮膚へと押し付けるのは危険でしょう。

また脇毛の処理、腕や足の体毛処理に関しても、深く食い込ませるように刃を動かすのは危険です。肌を傷つけないため、基本的には肌の表面を撫でるように動かしましょう。また背部や臀部など見えにくい場所を剃る際も、感覚のみに頼って剃るのは危ないです。知らないうちにお肌へと傷を作ってしまわぬよう、鏡などで視覚的な補助を加えながら処理しましょう。

正しい毛の剃り方の基本は、あくまでも優しくし、刃は深くまで入れ込まないようにすることです。


超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!