毛深い悩み.com TOP → 毛と歴史 毛のお手入れ

毛のお手入れ

日本でも昔から形を整えるという目的で、墨を用いて髪のふちを描いたりしていました。どうやらその後のアフターケアも、きちんと行われていたようです。毛にせよお肌の手入れにせよ、過去にこういった事例があると真っ先に心配されるのはアフターケアのことですが、これがきちんと行われていたということは面白い事実です。きちんと手入れを行わないとトラブルが起きる可能性がある、と理解していたのですから。

現代においても、脱毛などといった毛の処理を行ったあとは、きちんとお手入れをする必要があります。レーザー治療などでも予後の経過を見ることは非常に重要で、これを怠った場合は肌トラブルを起こしてしまうでしょう。レーザー治療でなくても、例えば脱毛クリームなどは刺激の強いことが多く、肌に残留してしまうとトラブルを起こしてしまう可能性もありえます。

頭髪はともかく、腕や足などといった体毛に関して、除毛・脱毛以外のお手入れはあまり思いつかないかもしれません。髪の毛であれば普段からお手入れすることもあるでしょうが、身体に生える体毛はほとんど放置しているでしょう。しかし毛深くなってしまっているなど、気になってしまう場合に限っては、体毛に関しても何らかの対処を施す、つまり毛のお手入れをすることもあります。

毛のお手入れは日本でも昔から行われていることで、現代においても体毛は良く気にかけられています。特に頭髪に関しては、良くお手入れされることが多いです。


事務服 スカート
事務服のスカートなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

アピドラ注ソロスター
アピドラ注ソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!