毛深い悩み.com TOP → 毛と歴史 毛の目的

毛の目的

大昔から毛の本来の意味とは、体の皮膚を覆って体温の調節をすること、また怪我や摩擦などから身を守ることが目的だったと言われています。つまり、本来的な意味としては体毛というのは必要なものですので、邪険に扱ったり煩わしく思ったりするのは、誤りだと言えなくもないのです。しかしながら現代においては、体毛によって身体を守る必要性も薄れてきており、美意識に拠る所が大きくなってきたのです。

とはいえ、体毛以外の服などを利用して身体を守っているとはいっても、着ている服と身体に起こる摩擦から身を守るため、やはり体毛は必要となります。人によっては胸毛などの体毛はあるだけでもくすぐったく、取り除いてしまいたいと考えるかもしれません。しかしながら剃った後はゾリゾリとした感覚が残りますし、完全に脱毛したとしても摩擦によって肌が赤くなることもありえます。

こうして考えると、体毛を脱毛してしまうのも、少しばかり考え物であるといえるかもしれません。しかしながら習慣や意識というのは、時代によって変わってくるものです。現代では体毛が濃いことを恥じる風習があるのも確かですし、毛の本来の意味が身体を守ることであるからといって、風習を否定することには相成りません。結局のところ、毛の目的というのは本人の意思の元に委ねられるのです。

毛の目的は、毛の持ち主の身体を守ることです。しかし人間においてはその重要性も徐々に失われており、現代ではあまり気にする方もいません。


ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!