毛深い悩み.com TOP → 体毛の体への影響 特発性多毛症

特発性多毛症

特発性多毛症は、男性ホルモン値が正常であるにも関わらず、月経異常などによって多毛症の症状がみられることを言います。特発性多毛症になると多嚢胞性卵巣の男性ホルモン値が高値を示し、多毛や月経異常・不妊症・肥満などがおこることになります。これは体質的なものに大きく左右されるため、人によって「起こりやすい・起こりにくい」の差は大きくなってきます。

人によっては、通常よりも男性ホルモンの影響を受けやすい体質の方もいらっしゃいます。これは遺伝などによっても起こりうるので、たとえばご家族に特発性多毛症の方などがいらっしゃると、ご本人様にも特発性多毛症が起こる可能性は高くなってしまうこともあります。本来なら正常値程度の男性ホルモンであっても過敏な反応を示してしまうため、これによって特発性多毛症が起こってしまうというわけです。

特発性多毛症は思春期の時期に発症しやすい傾向にあります。基本的には多毛症の症状に対応する対症療法を取り、不要な体毛を除毛していくことになるでしょう。また医師による診断次第では、薬剤を用いて男性ホルモンを抑える方法も取られます。これに関しては医師の処方が絶対に不可欠ですので、まずは医師に診断してもらってからにしたほうが良いしょう。

特発性多毛症は男性ホルモンが通常値程度でも発症する可能性があります。男性ホルモンに対して特に過敏な体質である場合に起こりうるので、発症した場合は診断してもらうのも良いでしょう。


金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style