毛深い悩み.com TOP → 体毛の体への影響 多毛症の原因

多毛症の原因

「多毛症」の原因としては,体質的なもの(特発性多毛症)と卵巣の病気(多嚢胞性卵巣症候群)がほとんどを占めます。こういった病気のために、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうなど、男性ホルモンへの反応によって軟毛が硬毛に変わる多毛症が起こることもあるのです。女性は卵巣以外にも、副腎で男性ホルモンを生成するため、副腎が病気にかかることでも多毛症は起こりえます。

基本的には男性ホルモンの影響で発症する多毛症は、やはりホルモンバランスの崩れやすい女性に起こりやすい症状であると言えます。たとえば生理周期が不規則になるなど、ホルモンバランスが崩れやすい状態になると、それによって一時的な多毛症を引き起こされることもあります。また、ただ単に男性ホルモンの割合が強いというだけでも、多毛症となってしまうケースもなくはないです。

しかしながら、副腎や卵巣の疾患が原因となって起こりうる男性ホルモンの過剰分泌は、副腎や卵巣の疾患から治さなければ改善できないことがほとんどです。もしも副腎や卵巣に疾患を患ってしまった場合は、まずそれらの治療を始めることが重要でしょう。こういった原因を全て根絶してから、改めてホルモンバランスを整えるべきです。原因を放置したままでは改善は見込めません。

多毛症は男性ホルモンが過剰に分泌されることなど、男性ホルモンへの反応として起こります。副腎・卵巣の疾患が原因となることもありますので、まずはそういった疾患の治療から始めましょう。


金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ホイールアライメントが調整
について